no image

会社を辞めて家業を継いでから2年が過ぎたので振り返ってみる

家業の課題がいろいろ見えてきた資産形成の必要性を感じるカラダ作りをはじめた趣味の時間が増えた1日1投稿はやれてそう

インフラが維持できない

先月の台風で千葉の各地で長期停電が起きました。電柱が鉄塔が倒木によって被害を受け、そのダメージで送電線もアウト。ここまでは「いや〜、スゴい台風だったなぁ…」という話しなんですが、問題はその後。大規模な被害に復旧作業に従事する人が不足してしまいました。自分も業種的に無関係ではないので、情報もちらほら入ってきてました。

人とはミスを犯す生き物です

人間は必ず失敗をします。間違うことがあるんです。

軍事の知識

戦争とは何かをざっくり言ってしまうと「敵国に対する軍事行動・対立状態」です。要は国家間の外交手段の一つなんですね。国が存在する以上は、戦争という概念は消えてなくなることはない、ということです。けれども外交手段の一つであるからには、別の手段によって代替もできるはず。戦争とは何かを知らずに回避することはできません。

結局パスワードはその気になれば破れるってことか

私たちの生活になくてはならないものになったデジタルデバイス。スマホやパソコンの端末にログインするとき、Webサービスを利用するとき、必ずパスワードを入力しますよね。めんどくさいと思いながらも、まぁセキュリティーのためだし、と毎度毎度入力するわけですが、いったいこの一手間で安全がどんくらい確保できてるんだかと思ったりもして。挙げ句パスワード

フリーミアムとは

フリーミアムって言葉、最近よく耳にしますよね。基本的なサービスや製品は無料で、もっと高度な機能だったり特別な機能を使おうとすると料金が課金されるビジネスモデルです。「ここから先は有料です」ってやつですねwアプリなんかで初めは無料で遊べるけど、アイテムだったりライフを課金させたり、フリーミアムって言葉に馴染みがなくても、実は知らぬ間にフリー

貧乏ということ

貧乏には誰しもなりたくありませんよね。私は実は一度ホームレス経験があるので、なおさらそう思いますwまぁそうそうやったことある人はいないでしょうし得難い経験ではあるんだろうけど、やってみた上でこれはやんなくていいなとw要はお金がない・少ない状況を貧しいと言うんでしょうが、どのくらいお金がなかったら貧しいんでしょうか?どのく

なんで日本は20年間も給料が上がらないんだろう(わかりやすいデフレのお話し)

この 20年間、日本はデフレが続いてきました。デフレとはモノやサービスが余っている状況です。対策はなので景気が上向くためには、みんなガンガンお金を使わないといけない。そのために賃金を上げなければいけない。

時代についていけない国によって芽を摘まれていく新技術

ドローンや、P2Pなんてのもありましたね。新しい技術や道具って、既存の価値観と必ず衝突するんです。当然なんです。だから新しい。そして往々にして想定外の使われ方をするものなんです。悪意ある犯罪行為はもちろんアウトですが、そうではない価値観の衝突、利害の不一致に対してどう対処するのか。このジャッジを、新しい

取次ぎはなくなる?なくならない?

取次ぎってわかりますか?いわゆる問屋さんのことです。運送屋さん、広告代理店なんかも取次ぎですね。取次ぎとは物品の販売,買い入れの取り次ぎを目的とする問屋,物品運送の取り次ぎを目的とする運送取扱人,出版,広告,保険の取り次ぎを目的とする準問屋は取次ぎを業とする者 (取次営業) である。

筋トレしよう

10何年もデスクワークをしてきてから、急にカラダを使う仕事になりましたwなので体を鍛えなきゃなぁと思っております。これまで運動らしい運動を一切してきてないので、いざ体を動かしてみるとビックリするほど動かないw長年鈍ったカラダですが、ここでそれに気付けたのがラッキーと考えて一念発起がんばります!

会社の分業という機能の恩恵が少なくなってきている

会社っていろんな人がそれぞれの能力を発揮するところ。一人で仕事をするよりも自分の得意分野に集中できたり、一人じゃできない規模の仕事ができるようになるんですね。分業とは財を生産していく工程をすべて一人だけでこなしていくのは、完成までに時間がかかり、しかも少量しか生産ができないうえに、生産者への負担が大きくなるというデメ

児童の貧困は何十年も先まで暗い影を落とす

子供の貧困が問題になっています。貧困が可視化されたと言った方が正しいかもしれません。子供の貧困は環境によって引き起こされます。子供なのに日々の暮らしがままならないということです。子供ですから自助努力などたかが知れています。子供の貧困は当人に責任がまったくありません。ですが貧困を余儀なく

プロジェクトが失敗する理由3選

業種にもよるとは思いますが、案件毎にプロジェクトを結成して対応する会社さんは多いのではないでしょうか。私が勤めていたホームページ制作の業界もそんなカンジでした。そしてご多分に漏れず、上手くいくプロジェクトもあれば上手くいかないプロジェクトもあるわけでwおそらくプロジェクト単位で動かれたことのある方なら、あるあると思われるんじゃないでしょう

自由とは

自由とは好き勝手していいってことじゃありません。自分の意思に従うってことだと思います。