2050年のワークスタイル

求められることを仕事にする

皆さんは今の仕事って、どうやって選んだんでしょう?たまたま内定をもらったから?条件が良かったから?人に誘われたから?親の家業をついだから?バイトからそのまま続いてる?小さい頃からの夢を叶えたから?人それぞれいろんな理由がありそうです。人にお願いされた

好きなことを仕事にする

「好きなことを仕事にするべき」「好きなことは仕事にしないほうがいい」どちらの意見も目にすることがあります。好きなことを仕事にして成功してる人だってもちろんいますし、反対に好きなことを仕事にしたことで好きなことが好きでなくなってしまった人もいます。好きなことを仕事にしたほうがいいのか、しないほうがいいのか、どっちなんでしょう。好きのレベルはどのくらい?

やってみてわかった!副業にオススメの組み合わせはこれ

デザイナーとガラス屋なんとか両立できないもんかなぁと考え始めたのが、家業を継ぐ事を将来の視野に入れたきっかけでした。デザイナーの仕事の進め方ももちろん理解していて、ガラス屋の仕事の仕方もなんとなくわかってる中で、案外この2つの職業って両立させやすいんじゃないかと思い始めたんです。この辺りは改めて記事にしたいなと思いますが。 https://yulon.wo

スポット・時短なスタイルを応援してくれるWebサービスまとめ3選

いわゆる求人サイトを眺めても、スポットの案件や時短で働ける求人って、なかなかないですよね。あっても単発バイトばかりだったり、業務内容も偏りがち。かといって、繋がりでもらう仕事も安定しなかったりするじゃないですが。フリーランスは仕事が途切れると、メチャクチャ不安になるものですwそんなときに頼りになるのが、スポットの求人、時短の求人を数多く扱われているサービス。

ワークスタイルに貴賎なし!起業とフリーランスの違いとは

会社を辞めて雇われない生き方をする、という意味で似たような捉えられ方をしがちなフリーランスと起業ですが、実はかなり似て非なるものなんです。フリーランスと起業の違いざっくりと違いをまとめると、フリーランスは「請負業務」で、起業は「事業立上」。 ただ、起業でも「起業だけど個人事業主からスタート」だったり「受託業務が主の起業」っていうのもあるでしょうか

ニコニコ動画にみる走りながら完成を目指す方法

「歌ってみた」「踊ってみた」という言葉にピンとくる人はニコニコ動画を観たことがある人なんじゃないかと思います。 文字通り、既存曲やボーカロイドの曲を歌ってみたり、踊ってみたりして、その様子が数多くアップされているんですよね。 歌ってみたとは…

なぜかみんな気づいてない、サラリーマン最大のメリットとは

会社を辞める前に 言っておくッ! おれは以前 会社のメリットを ほんのちょっぴりだが 体験したい…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……あ…ありのまま その時 起こった事を話すぜ!「おれは とあるプロジェクトで大赤字をだしたと思ったら いつのまにか別のプロジェクトを始めていた

大手だけじゃない!ニッチな転職支援サービスまとめ3選

転職を考えるときに、まずは転職サイトを眺めてみるところから始める人も多いんじゃないでしょうか。 大手の転職サイトはなんといっても求人の数が魅力ですよね。   でも人を探している出稿する企業からすると、必ずしも大手サイトばかりを選択…

望んで非正規と望まずに非正規では状況がまるで違う

非正規(雇用)、ものすごい大雑把に言ってしまうと「正社員」以外の有期契約社員です。日本で非正規雇用とは、有期労働契約である「パートタイマー」、「アルバイト」、「契約社員」(期間社員)、「契約職員」(臨時職員)、および「派遣社員」(登録型派遣)と呼ばれる従業員の雇用形態である。

情報化社会は最適化社会に移行する

突然ですが、SINIC理論ってご存知ですか? 私はネットで見かけて衝撃を受けたのですが、 これまでの人間社会の発展を科学と技術との相関の中でわかりやすく説明されていて、さらにこの先の未来も予測されているものです。 http://hirota…

フリーランスとは働き方ではない、生き方なのだ!

フリーランスとは、案件ごとに契約を結んで仕事をする働き方のこと。請負契約が多いんじゃないでしょうか。法人を設立してなければ、フリーランスの方は税法上は個人事業主という括りですね。海外ではリスペクトされる存在日本だとフリーランスというと「定職に就いていないなんだかよくわからない存在」的

人不足への流れは不可逆です

労働市場は変わっていきます。年齢別人口構成の変遷によって。この流れはそう簡単に変わりません。この流れを止めるということは 「この国の年齢別人口構成を変える」 ということに他ならないからです。  

複数の収入源を持とう

今現在正社員として会社に勤めている方でも、ちょっとづつでも副業のことについて調べてみるのをオススメしたいです。もしかしたらアナタも気づいてない自分の才能に巡り合えるかもしれません。非正規雇用で働いている方・独立している方なら、なおさら複数の収入源を持つことをオススメします。 私自身が今複数の仕事を持つポートフォリオワーカーをしていますが、それぞれが