ついつい先延ばしにしちゃう原因

つい先延ばしにしちゃったりしますよね。なんかしなきゃいけないことがあるのに、ついついネットやテレビをだらだら見ちゃったり。片付けをしている最中に気付いたらずっと卒業アルバム見ちゃってる、アレですwなんならこの記事自体がかれこれ 1年以上前に下書きしてから投稿できてなかったですからねwwwなんでついつい先延ばしにしちゃうん

マイナンバーカード持ってますか?

私はもってませんが、最近マイナンバーの個人向けポータルサイトが話題になってるのでふと思い出しました。サイトのサーバー利用率が、想定の0・02%にとどまることがわかったそうで。このサーバーには 100億円を超える整備費などをかけていたそう。

自己責任論に惑わされない

自己責任という言葉を投げかけられても怯まないで。自分でコントロールできる範囲には限りがあるのだから。社会問題になる規模で数値に現れている以上は、個々人の能力差の範疇を超えている何よりの証拠。失政の結果を個人の責任に転嫁しようとしても無理があります。

地理の時間

皆さんこの夏はどこかにご旅行など行かれたでしょうか?国内?海外?見知らぬ土地に行ったり旅先での出会いって楽しいものですよね。その土地に詳しくなると更に楽しみも増すかもしれません。地理を知ると、歴史や政治、経済といろいろな分野に知識が広がっていきます。

認知症と介護

これからの超高齢化社会で、必ず大問題になるのが認知症と介護。これまた高齢者の親を持つ私にとっても、他人事ではなくアタマを悩ますことになるんですよね。

平凡でいい

個性的でなくったっていいんです。等身大の自分を受け入れて身の丈で生きる。キラキラしなきゃとずっと背伸びは疲れるから。

なりたい自分になろう

大人になるって、大人という役割を演じることだと思ってます。人格というものが役柄なんだとすれば、こういう自分になりたい!と思った時点ですでにもうそういう人だってことです。それがやがてその人にとって当たり前になっていく。他の人からみてもそういう人に思われる。自覚・覚悟する、ってことですね。https://y

その時に一所懸命できる人がやっぱり生き残る

時代が移り変わる中でイノベーションが起き、これまで存在した仕事もなくなることがあります。私がガラケーのデザインをしていたころ、フラッシャーと呼ばれる Adobe の Flash を使って仕事をしていたエンジニアさん達がいました。昔は Adobe じゃなくて macromedia でしたっけ?やがてガラケーからスマホ全盛の時代になって、Fl

自分のキャパを把握する

「勝手に引き受けて勝手に手一杯になる」人って案外多いんですよね。けど引き受けた以上は「こなして当たり前」だし、キャパや能力を超えててお手上げってわけにはいきません。好かれようとして空気読んだって誰も幸せにならないんです。

知るってめんどくさい

知らなきゃよかったなんてことありますね。「内緒話しをわざわざしてくるなよー」なんてことありません?知ることが増えると考えることが増える。現状に不満を見つけてしまうことだって増える。知る悲しみ。知ることは波風立てずに穏やかに暮らすことから逆行するんです。自由もそう。自由

企業の寿命

組織には寿命があり、それは企業にとっても例外ではありません。何百年も続いているような企業はレアな存在。勤めている人がいくら骨を埋めるつもりでも、会社の方が先になくなることなんてぜんぜん珍しいことじゃあないんです。

高校野球と24時間テレビが生んだ不毛な争い

もはや毎年の夏の風物詩ですね、高校野球と 24時間テレビ。高校野球は炎天下の中、カラダが出来上がっていない学生に肘を痛めるまで投球させる問題で非難を浴びてます。24時間テレビも障害のある人に無茶なチャレンジをさせたり、制作費をそのまま寄付したほうが合理的という意見が噴出。どちらも突っ込まれるポイントはわかるし改善すべきところもあるでしょう

カタチから入る

昔まだ実家に住んでいた頃、一人暮らしに憧れて、そのときには必要でもなんでもないオシャレなバスタオルを買ってみたりしたことがありますw人の購買動機って、必要に迫られて買うばかりではないですよね。

抽象化しよう

対象から注目すべき要素を抜き出すこと。エッセンスを抽出するってことですね。注目する事柄以外は無視することで、対象の本質がわかりやすくなります。それを言葉で括ると概念になっていきます。要素に削ぎ落として単純にすることで、似ているものを見つけやすくなります。それを具体化すると、例示・例えができます。

掃き溜めに鶴なスター社員は幸せか

結論は去るべき、です。上司が選べない限りは、能力は活かされることはありません。組織って難しいですね。