会社を辞めて家業を継いでから1年が過ぎたので振り返ってみる

もうすぐ2018年も終わろうとしてますね。

今年は結婚というライフイベントが発動したため、久しぶりの更新になってしまいました。

そしてバタバタとしている間に実家のガラス屋さんで働きはじめてから気づけば1年を過ぎていたので、ここで半年ぶりの振り返りをしてみようと思います。

会社を辞めて家業を継いでからの半年間を振り返ってみる

保険料が高い!

半年前の振り返りで収入が減ったことに触れましたが、保険料と年金、市県民税の支払いがとにかくデカい!

天引きだったサラリーマン時代よりもひしひしとその金額の大きさを感じていますw

来年以降は今年度の収入ベースで金額が下がることを期待。

家業に割く時間を増やした

実家(お店)から自分の家まで徒歩30秒なので、仕事が発生してから店に出向き、それ以外は自宅待機というスタイルでやってましたが、それだと受注タイミング(電話応対)に携われないんですよね、当たり前ですが。

なので、途中からとりあえず朝出勤するスタイルに切り替えてみました。

時間があるときは店の掃除やら書類の整理やらをやって、業務フローもわかってきましたし、改善ポイントも浮き彫りになったので、このスタイルに切り替えて正解でした。

なので、今は目下これまで手作業でやっていた書類関連をツール化することにもっぱら時間を割いているところです。

デザイン業務を減らした

前職のデザイナー業務をしばらく並行してやっていましたが、Web施策がある程度奏功したのもあり、ガラス屋と2足のわらじでやるのはまぁまぁ大変だなというカンジになってきました。

ガラス屋の仕事は日没と共に終わるようなペースなので、やろうと思えばやれないこともないんですが、そこまで詰めてしまうとサラリーマン時代とあまり変わらなくなってしまうのが悩みどこです…

しばらくはライフワークバランスを見つめながら、仕事のペースを見極めていきたいなと思います。

新たな業態に足を踏み入れた

ガラス屋のサイトを公開しましたが、そのサイト経由で窓ガラスのフィルム屋さんからお声がけをいただきました。

ガラス屋の店舗に足を運んでもらい、レクチャーをしてもらいました。

そして実際に施工の現場にも同行させてもらい、実地で業務を見せてもらうことができました。

若い社長さんで情熱にあふれる気さくな方で、将来の展望なども聞かせてもらい、面白い時間を過ごすことができました。

ガラス屋としても刺激を受け、将来の業務展開を考えるきっかけをもらうことができました。

まだもっとこの業界、可能性があるなと再認識させてもらえました。

Webからの集客は確実にある

これまでデザイナーとしてWeb施策に取り組んできましたが、今はWebを集客ツールとして利用する立場になりました。

スキマ時間を見てはちょっとづつコンテンツを作ったりというゆる~いスタンスなので、そこまで成果をシビアに測定するようなこともしていないんですが、その程度でも、Web経由の問い合わせをもらえてるなと実感してます。

施工業者として建築関係の業界を眺めてみても、まだWebを活用できる余地がいっぱいあるなと感じることが多いですし、理解もされてないなぁとおもいます。

翌年からはもっともっとWeb集客に時間を割いていいなと思ってます。ってか、まずはこのブログの更新をせねばですねw

ご興味を持ってこのエントリーを読んでくれた方、どうもありがとうございました!

どうぞ2019年もよろしくお願いいたします。