考え方

カタチから入る

昔まだ実家に住んでいた頃、一人暮らしに憧れて、そのときには必要でもなんでもないオシャレなバスタオルを買ってみたりしたことがありますw人の購買動機って、必要に迫られて買うばかりではないですよね。

抽象化しよう

対象から注目すべき要素を抜き出すこと。エッセンスを抽出するってことですね。注目する事柄以外は無視することで、対象の本質がわかりやすくなります。それを言葉で括ると概念になっていきます。要素に削ぎ落として単純にすることで、似ているものを見つけやすくなります。それを具体化すると、例示・例えができます。

話しを振ろう案を出そう

提案っていうと、なんだかビジネスの会議で画期的なアイデアを発表する、みたいなイメージありません?でも「昼ごはん、なに食べる?」みたいなときに、「これ食べようよ!」と言えるのも立派な提案だと思います。アイデアがいまいちだったり、昼食のお店が受け入れられなかったとしても、それはまた別のお話し。「こうしない?」とか「こうしようよ!」ってサラッと

コミュニケーションってなんだろう?

コミュ力(りょく)って、ホントよく耳にしますよね。コミュニケーション能力の略語ですが、そもそもコミュニケーション能力ってどんな力のことを指すんでしょう?コミュニケーションってなに?相手と話し・対話をする能力。

正義って一体なんだ!?

子供の頃、誰もが憧れた正義のヒーロー。今では、勧善懲悪の二元論で捉えられる事のほうが少ないことに、大人になった私達は知ってしまいました。それでもワイドショーは何かを悪に仕立てて懲らしめるエンターテインメントにあふれています。だってその方がわかりやすいから。けれども、わかりやすいストーリーにばかり目を向けてばかりいると、う

己を信じる

自分を信じてあげること。自分なんかと決めつけないこと。

挨拶しよう

簡単そうで意外と難しいのが、挨拶。場面や相手、時間帯によっても相応しい挨拶は変わってきます。でもちゃんとできればその後のコミュニケーションが円滑になるのも間違いありません。バッチリマスターしたいところです。

伝えないと伝わらないよ

察してもらうのを期待してばかりじゃいけません。思ったことを言う、アウトプットする。伝えることをちゃんとできるようにちょっとづつでも上手になりたいですね。

ほめよう

批判やあら捜しばかりじゃなくて、いいところを探すクセをつけましょう。

コントロールできること・できないこと

自分ができることに注力・フォーカスすること。

知らないことに気づこう

ネットに誰でもアクセスできる時代。知りたいことは検索すればすぐにわかる、本当に便利になりました。けれど、その「わかった」が本当の意味で理解できたといえるのかどうか。

環境を選ぼう

種まく場所を選ばないと、芽を出し根を張り花咲かすまで、ちゃんと育てることは難しいんです。

次へ渡そう

親切って、時に恥ずかしかったりしてちゃんとできないこともありますよね。自分の得にならないし、なんて思う時だってあると思います。でも、なにかを与えることでほんの少しでも良いことにつながるのなら。

人を信じるということ

信用・信頼・信仰。何かを信じるというのは「わからない」からこそ。「わかる」のであれば「信じる」必要なんてありませんからね。信じるというのは「それでも信じる」という決意に他なりません。

環境はその人の当たり前を作っている

 生活習慣とか、言葉遣いとか、金銭感覚とか。その人の「普通」とか「当たり前」って環境に大きく依存しています。家庭や地域、学校、コミュニティ、地方、国、等々。その人にとって「自然」なことも、他の人には意外性があったり。目玉焼きは塩か醤油かソースか、みたいなw