社員も会社もサバイバル

プロジェクトが失敗する理由3選

業種にもよるとは思いますが、案件毎にプロジェクトを結成して対応する会社さんは多いのではないでしょうか。私が勤めていたホームページ制作の業界もそんなカンジでした。そしてご多分に漏れず、上手くいくプロジェクトもあれば上手くいかないプロジェクトもあるわけでwおそらくプロジェクト単位で動かれたことのある方なら、あるあると思われるんじゃないでしょう

プロと道具

Webデザイナー時代、スペックの低い PC で作業しなきゃなんないのがホント苦痛でしたね。上司や社長と時間談判したり、まぁそのくらいしなきゃいけないくらいには道具って大事です。転職してガジェットの類いではなくてリアル道具を扱うようになってからも、基本的には道具の大事さ加減は同様。ってかむしろ余計に重要になってるかも。ただ

自分のキャパを把握する

「勝手に引き受けて勝手に手一杯になる」人って案外多いんですよね。けど引き受けた以上は「こなして当たり前」だし、キャパや能力を超えててお手上げってわけにはいきません。好かれようとして空気読んだって誰も幸せにならないんです。

企業の寿命

組織には寿命があり、それは企業にとっても例外ではありません。何百年も続いているような企業はレアな存在。勤めている人がいくら骨を埋めるつもりでも、会社の方が先になくなることなんてぜんぜん珍しいことじゃあないんです。

掃き溜めに鶴なスター社員は幸せか

結論は去るべき、です。上司が選べない限りは、能力は活かされることはありません。組織って難しいですね。

その商売、儲かりまっか?事業立地を考える

以前に「好きなことを仕事にする」と「求められることを仕事にする」というふたつの記事を書きました。どちらも働く人と仕事との関係性から仕事の選び方を考えてみました。た

マネージャーとディレクターの違い

マネジメントとディレクションってぜんぜんやること別だと思ってるんですが、わりと一緒くたにされがちじゃありません??

効率は無敵じゃありません

仕事をする上で効率って気にしますよね。生産性という言葉とセットで考えられていると思います。売上が同じでも効率を上げて生産性が高まれば利益が増える。一見、なにも間違ってないように見えますが、この発想は危険です。

技術の進歩に社会の制度はついてこれているか

特にITの分野での技術革新のスピードは目覚ましいものがありますが、果たしてその現状に社会の旧態依然とした制度で対応しきれているのでしょうか。そして現状と齟齬が生まれている制度に対して、きちんと対策を講じることができるのでしょうか。

有給についても知っておこう

毎日残業に追われている皆さん、お仕事ご苦労さまです。日々のタスクに追われてそれどころじゃないかもしれませんが、今一度ご自身の有給についても知っておきませんか?

ニーズとウォンツ

お客さんあってこそですから、欲しいものを提供してその対価を得て初めて商売は成立するもの。だけどお客様の言いなりに振り回されてると、いつの間にやら利益がどっかに行ってしまうことも。いったいニーズはどこまで汲むべきなんでしょう?

戦略とは

ビジネスをいかに進めていくか。そんなことを考えるときに戦略というワードがよく出てきます。スポーツなんかでも戦略って言葉を使いますね。戦略とはいったいなんでしょう?

団結・結託せよ!労働組合って?

労働組合って言葉は知ってるけど、ちゃんと理解できてますか?きちんと知識を身につけて、自分の身を守りましょう。労働組合とは労働組合は労働者が団結して、賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るためにつくる団体です。労働者が団結し、使用者と団体交渉を行い、ストライキ等の団体行動をする権利は、憲法第28条で保障され

体調管理は仕事のうち??

労働時間外に、従業員に命令したり管理下に置くことはできません。って、マジレスするまでもないんですがね…

経験を売る!体感消費とはなにか?

消費傾向というのは時代によって変わっていきます。物 → 質 → デザイン → 安さ → ストーリー、そして体験へ。