ニッポンの過去→今→未来

おばあちゃんの知恵袋を疑ってみる

昔からの言い伝えってありますよね。「夜に口笛を吹くと蛇が出る」とか。生活の知恵だったり、子供のしつけのためだったり、人々が暮らしていくのに必要な知識を、わかりやすく一言で言い表しているものです。でも、そんな伝承も、ライフスタイルが変化するにつれ、そして学術が進歩するにつれ、現実にそぐわないもの、事実と反するものも散見されるようになってしまいました。医療

耐えてやり過ごすには労働に費やす年月はあまりに長い

振り返ってみると、今まで5回ぐらい引っ越しをしています。その度に荷造りをするわけですが、よくよく考えてみると、けっこう使ってないもの多いなと。それを一生懸命運んで、荷解きしないまま次の引っ越し先に持っていったりw捨てるには惜しい気もするので、毎回運んでいるんですが、さて、ワタシはこれを一体いつまで持ち続けるんだろう?あと5年?10年?それとも死ぬまで

就職市場の需要と供給をおにぎりで説明してみる

「売り手」と「買い手」という言葉がありますね。 町にあるスーパーなら「売り手」はスーパーで「買い手」はお客さん。   これが就職市場で言うと「売り手」は就職したい人で「買い手」は採用したい企業。 採用したい企業がお金を払って、就職…

衣食足りて礼節を知るのに衣食足りないと道徳は蔑ろにされる

日本はこれからどんどん治安の悪い国になっていきます。 外国人観光客や移民の話題ではありません。民族性のことでもありません。 世代間格差と二極化のお話です。

昔は良かったというがたしかに昔は良かった

「失われた20年」「失われた30年」なんて言われますが、じゃあ失われる前ってどんな時代だったんでしょうか?私は生まれたばかりくらいかな?なのでよく知りません。所得が 50倍になった世代脅威の成長率! そりゃ自己肯定感も強いってもんです。

日本の今の立ち位置をちゃんと把握する

アナタは日本という国の経済力についてどんなイメージを持ってますか?世界をリードする優秀な国ですか?モノもサービスも人材もトップクラスの国ですか?世界中の国に援助を続ける経済的にも比較優位な国ですか?失われた30年Japan as No.1 という書籍が出版されてから 40年が経とうとしている今、失わ

常識の賞味期限ってわりと短いから

諸行無常。時の流れは止められません。これまで「当たり前」だと思ってたものって、世の中の移り変わりと共に、そして世代が入れ換わる毎に、案外あっさりと変わっていくものです。パラダイムシフトは繰り返す技術

あなたは能力がないわけではないよ

「毎日こんなに一生懸命がんばって働いているのに報われない」と思っている人へ。能力があったって報われないケースもぜんぜんあります。博士はコンビニバイトより底辺

人口減少のインパクト

国の将来って、人口推計から見通すこともできます。人口の将来推計はカンタンには変わりませんから。ただ、知れば知るほど、これから起こりうる現実に理解が追いつきません…年齢別の人口統計が恐ろしいことに

介護をこの世の地獄にしないために

政府は2015年11月、アベノミクス第二弾として「新・三本の矢」を打ち出しました。目標は具体的にGDP600兆円希望出生率1.8の実現介護離職ゼロ待機児童ゼロといった内容。国策として取り組むべき課題の1つに「介護離職」があると