無料WordPressテーマ「Godios.」がデザイン秀逸なのに表示が速すぎてヤバい

ブログをはじめてしばらくはワードプレスのデフォルトテーマ「Twenty Seventeen」を使っていました。

けど記事一覧の状態でも本文がそのまま表示される仕様が、あまり気に入ってなかったんですよね。

かといって、記事毎に more を付けていくのも、それはそれであまり気乗りがせず。

だって、後々テンプレート変えて不要になったときとか、なんか面倒くさそうじゃないですか。

なのでいろいろとテンプレートを探しては試してみて、ということを繰り返していたんですが、

無料のテンプレートって、サムネイルは格好いいけど、いざダウンロードして適用してみると「なんか違う…」ってなることが多かったんですよね。

けれども、ようやく!長くお付き合いしたくなるテンプレートと出逢うことができました…!

Godios. WP Theme

Godios.

caption test.

公式のサイトでも紹介されている通り「革新的な表示速度」が特長のこちらのテンプレート。

Twitter には遷移の様子がキャプチャされているのでぜひ見てみてください!

はやい!というか、クリックして読み込みから表示までのタイムラグがほぼ0じゃないですか。

ブラウザの戻るボタンで遷移したときよりもはやい気がするw

Godios.の良いところ

ただ、この表示速度に惹かれてテンプレートを変えたわけでは、実はなくw

いくつも見たどのテンプレートよりも「デザインの完成度が高かった」のが、決め手でした。

構成がキレイ

サイトレイアウト

サイト全体がモダンでクリーンなんですが、こういうフラットなデザインほど、細かいところのツメの甘さが目立つものです。

そこが「Godios.」は実にバランス良くできているんですよね。

コンテンツのボックスから本文のマージンはたっぷり確保しつつも、コンテンツ間のマージンを細めに揃えていてスッキリと。

よくある無料テンプレートだとそこまで行き届かないものが多いですし、使う方も「まぁ、無料だし」となるところですが、そんなところも妥協なし!

画像処理

それぞれの画像表示も細かく作り込んであります。

メインイメージ

アイキャッチに設定した画像にブラーをかけてタイトルの背景に敷いてくれます。

デザインのトレンドを抑えているのが嬉しいポイント。

関連記事

サムネイルが自動で 2カラムと 3カラムとが互いに入り組むような仕組みになっていて

画面構成にリズム感が出るように配慮されています。

プロフィール画像

あと、プロフィール画像が丸くトリミングされているブログってありますよね。

「こんなプロフ画像の表示にしたいなー」なんて思ったこともありますが、なんと、実装されてました!やった―!

「外観」メニューの「ウィジェット」の中に「Godiosプロフィール」なる項目が用意されています。

使い方はなにも気にせず四角い画像をアップするだけで、まんまるに表示してくれるんです。

文字組み

文字サイズや行間、タイトルが改行した時の行の高さ等々、端正に組まれていてぜんぜんストレスがないんです。

これはブログを読んでくれる方にはもちろん、書く側の人間にとっても重要なポイント。

こういうところの心地良い感覚って、テンプレートの作者の方が日本人というところに由来しているんでしょうか。

色のチョイスがキレイ

サイトの装飾的な要素がシンプルな分、大事なのが配色ですよね。

フォントカラー

フォントのサイズ感も気に入ってるんですが、「グローバルナビ」や「パンくず」、「一覧の抜粋部分」や「プロフィールの説明箇所」のフォント色をそれぞれ濃淡を変えてあったり、こういう細やかな配慮がグッときます。

キーカラー

カラー設定も「Godios.」は抜かりありません。

あらかじめ「メインカラー(リンク、ボタン、リスト等)」と「サブカラー(カテゴリ背景、リスト等)」を用意してくれているんです。

色はペールぎみなパステルの「ブルー」「グリーン」「ピンク」「イエロー」「オレンジ」の5色が設定済で、その組み合わせで8パターンから選べます。

ワタシはリンクカラーが「ブルー」がいいなと思ってメインカラーがブルーの組み合わせを選んでみました。

リンクエフェクト

テキストリンクもホバーするとフェードで色が変わったり、

サムネイルもホバーでシャドウが付いたり、タップだとズームだったり、

かといって主張しすぎない控えめで品の良いエフェクトがついてます。

国産WPテーマ

文字組みの気持ち良さだったり、デザインでもいい面がありますが、

ワタシの場合はなんといっても、公式サイトやツイッターが日本語で書かれているのがなによりありがたいですw

英語力、やっぱり必要だなーw

革新的な表示速度

ワタシが説明までもなくこちらのWPテーマのウリの部分です。

詳しくは Godios.の公式サイトの方をどうぞw

バックエンドのことは Qiita に詳しく解説が載ってます。

非エンジニアはふんわり目を通してそっと閉じておきましたw

更新もはやい

テンプレートを公開されたのが 4/6 になってますが、その 5日後にはすでにバージョン 1.0.1 が!

そしてさらに翌日には 1.0.2 …!

早いのは表示速度だけじゃありませんでした。

Godios.に期待したいところ

さて、そんないいとこ尽くめの無料爆速WPテンプレート「Godios.」ですが、

人間、欲が出るものです…

投稿ページの目次

テンプレートであらかじめ「Godios 目次」というクイックタグ(投稿画面の上にあるボタン)を用意してくれています。

こちらにタイトルが自動で入ってくれたら…!

自分でカスタマイズするか、悩みどこ…

作者様からコメントいただきました!

表示もアップデートも速いのにリアクションまで爆速!

うれしいな!

スライダーの投稿ページでの表示方法

一覧ページに出てるスライダーは良いんですが、

記事表示時、特にスマホ時に、メインイメージよりも先にスライダーがきてしまうため

「あれ、タップしたページと違う」と一瞬なってしまいました。

スマホ時にはスライダーが2カラムくらいになるか、ページ下部、もしくは非表示とかがいいなと思いました。

caption のスマホ表示

文中に挿入した画像にキャプションをつけると、スマホで表示させたときにコンテンツ幅に縮小してくれない問題がありました。

タイトルの文字数?

長いタイトルだとぜんぶ表示される箇所がないかも…ちゃんと検証できてないんでアレですが。

まぁここはタイトルの文字数を検討した方が良さそうなとこかも。

レイアウト優先するか汎用性を優先するか、ってとこですよね。

 

…等々書いたものの、とっくに直ってたりしてw

すごいぞ Godios.!

個人的には「デザインが気に入ってテンプレートを使ったら、表示がメチャはやいというおまけまでついてきた」という感覚で、ありがたく今後も使わせてもらおうと思います。

しかし、テンプレートの作者の方は拝見する限りエンジニアの方なんですが、

ご自身でデザインまでされちゃうんでしょうかね?

デザインのわかるエンジニアさんと仕事するのって、趣意を汲んでくれながら進められて楽しいことが多いんですが、

ここまでデザインできちゃうエンジニアさんと仕事したら、逆にシンドそうw

なんてことを思ってしまうくらいお気に入りなデザインのワードプレステーマに出逢えてハッピー、というお話しでした。